常在芝上ージョウザイシジョウー

フットボールクレイジーによる、フットボール観戦記とかゲームとか日常で感じたこと考えたことに関するあれこれ。

名古屋戦~語りつくせないほどの好ゲーム~

ボールのあるところでもないところでも駆け引きは常に行われている。

どちらが先手を取るか、取るとすればどう取るか、取られた側は後の先をどう制すか。

そこで一瞬でも隙を見せれば、やられる。

フットボールの魅力が存分に詰まったとても素晴らしいゲームでした。

今日の試合を語りつくそうと思えば、紙面がいくらあっても足らないでしょう。

特に前半、両チームの駆け引きは本当に見応えのあるものだった。

長年、川崎を見続けていますが、これほどまでにおもしろかった試合が過去にいくつあったでしょうか。

もちろんそこには名古屋という最高の対戦相手がいて、良い試合というのは良い対戦相手がいないと成り立ちません。

脱帽して敬意を表したくなる対戦相手でした。

 

今日の試合、流れの中からのビッグチャンスと言えば、数えるほどしかありませんでした。

そういう試合においてはセットプレーが極めて重要になる。

また、今日の試合、先制点が非常に大事だというのは両チーム合わせて言えたことです。

前半途中からこちらに先制点が入るまでは名古屋のペースで、そこで向こうに点が入っていれば結果は全く違うものになっていたでしょう。

ピッチ上の至る所で実にレベルの高い駆け引きが行われていました。

そんな中で、CKから先制点を三笘が取った。

今日の勝因を突き詰めるとそこにたどり着くかなと思います。

先制点を取ったことでメンタル的にかなりポジティブに、良い意味でリラックスしてゲームを進めることができた。

名古屋が気落ちしたという表現は適切ではありません。

我々が最初にネットを揺らしたことで、勇気と自信を更に深めてプレーにアプローチできた。

 そして前半を1-0で折り返したことで、後半も良い状態で入れた。

ただ、流れからなかなか大きなチャンスが作れない展開にあって、今日はセットプレーから3発取れた。

なんというか、非常に手前味噌なお話ですが、強いチームがタフでシビアな試合に勝つ典型的な形だったかと思います。

 

では名古屋戦の総括を。

直近2試合で、難しいゲームを勝ってきた経験がすぐに活きたような気がします。

これで11連勝、リーグレコード更新です。

今日の試合に勝ったことで、勝ち点的にもかなりの余裕が出てきました。

10試合残した現時点で、勝ち点65ポイントは例年なら優勝ラインにすでに入っています。

ですが、優勝が決まるその瞬間まで気が抜けないのは言うまでもないことです。

いくら勝ち点が離れていようが、我々が成すべきことには変わりありません。

目の前の90分で勝ち切ることと、それを続けること。

少し日程は空きますが、次の試合もみんなで戦いましょう。 

ツイッターこじらう (@bonz1208) | Twitter

お知らせ:フットボール談義やゲームの生配信やってます→ https://www.openrec.tv/user/HTBRKONE

もし機会があればお気軽に遊びにいらしてください

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村