常在芝上ージョウザイシジョウー

フットボールクレイジーによる、フットボール観戦記とかゲームとか日常で感じたこと考えたことに関するあれこれ。

ルヴァン杯東京戦~気持ちを強く持って~

まずは両チーム死力を尽くして戦った、激しい試合を制したFC東京に敬意と祝福を。

最後まで集中を切らすことなく守り抜いた素晴らしいチームでした。

 

特別、誰が悪かったということはなかったように思います。

また、フワフワっと入ってしまっただとか、漫然と試合を進めてしまっただとかもなかった。

勝ち続けて来た慢心がここで出たのか。

それも違います。

慢心などなかった。

ちょっとした勝負の綾で、それが今日は東京に転がった。

そんなゲームだった印象です。

こういう試合は先制点が非常に重要で、先に失点を許したことで選手たちに大きなプレッシャーがかかっていたように思えます。

惜しむらくは、前半0-0のスコアのときに、いつもならチャレンジするパスを出さなかった場面が見受けられました。

ブロックの外でボールを回し続けても相手の脅威にはなりません。

もっと大胆に仕掛けてもよかったのではないか。

少し慎重になりすぎていなかったか、よく反省する必要があります。

また、もう一つ惜しいのは、後半の中盤、いつもなら丁寧に組み立てるところで焦って縦に急ぎすぎる場面がありました。

確かにあの時点で2点のビハインド、選手の心理としてはなんでもいいから早く1点を返したい気持ちだったのでしょう。

ただ、それで良い場面が作れているわけではなかったので、冷静にプレーしたかったです。

 

ルヴァン杯東京戦の総括を。

失ってしまったものはもうやり直せません。

ルヴァン杯連覇の夢は今日、潰えました。

我々はまだまだ未熟で、だからこそ我々はもっと強くなれる。

最も良くないのは、この負けで自信を失うことです。

確かにタイトルを一つ失ったのは事実ですが、今シーズンここまで積み上げてきたものが、今日敗れたことで無に帰すか。

それはありません。

選手、スタッフ、監督、コーチ、ファン、サポーターも含めて、みんな今、気持ちを強く持ちましょう。

我々にはまだリーグタイトルと、その先には天皇杯もある。

希望はまだ、残っている。

次の試合は息つく間もなくすぐにやってきます。

ここで落ちていくのか、踏ん張ってもう一つ力を付けるのか。

我々の真価が問われます。

かけがえのない全てのもののために踏みとどまって戦え!川崎!

ツイッターこじらう (@bonz1208) | Twitter

お知らせ:ゲームの生配信やってます→https://www.openrec.tv/user/HTBRKONE

もし機会があればお気軽に遊びにいらしてください

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村