常在芝上ージョウザイシジョウー

フットボールクレイジーによる、ゲームとか日常で感じたこと考えたことに関するあれこれ。ついったー→amtmgtt1208 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/kojirou-fc/

「ブレる」と「ズラす」の違い

皆さんこんにちは、コジロウです。

今回は「『ブレる』と『ズラす』の違い」についてお話していきたいと思います。

 

先日、「ストレスとどう向き合うか」という論旨の書籍を読みました。

僕自身あんまりストレスは溜まってないんですけどね。

ただ、どういう対処方法があるのか知識を持っておいて損はないというか、得しかないと思いまして読んだのですが、いやはや実にタメになりました。

 

本文中、「巨大なストレスには軸をズラして当たってみる」という趣旨の文章がありました。

ここで、ふと考えました。

よく「あの人言ってることの軸がブレブレだよね」なんて批判をされている人、周りにいませんか?

じゃあ「軸がブレる」のと「軸をズラす」の違いって何だろうと。

 

「自分としてはこう思う、こう感じる、こう考える」という軸って誰しも必ずあります。

ただ、その軸をあえて外して対処したほうが、上手くいく、楽にできることって案外多いです。

そういう時に、意図して自分の軸ではない目線を持ってみるのが「軸をズラす」なのではなかろうかなと。

逆に意図せずに場当たり的に言ってることがコロコロ変わるのが「軸がブレる」なんだろうなとも思いました。

 

難しいですけどね、人の評価は相対的なものしかなくて、ある人が「あの人は軸がブレている」と判断しても、別の人には「あの人は柔軟だ」とも取れるわけですからね。

ですが僕が思うに、「軸がブレる」人が柔軟ではありません。

柔軟っていうのは「軸をズラす」のが上手い人を指す言葉です。

だから僕はその辺りの履き違いをくれぐれもしないように、これからを生きていこうと思いました。

 

以上、今回はいつもと比べ少し手短ですが、今回も最後までお付き合いくださいましてありがとうございます。