読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在芝上ージョウザイシジョウー

フットボールクレイジーによる、ゲームとか日常で感じたこと考えたことに関するあれこれ。ついったー→amtmgtt1208 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/kojirou-fc/

きっと自分にしかわからないスプラトゥーン用語

皆さまこんにちは、コジローです。

 

僕は普段、フレンドさんたちとスプラトゥーンをするとき、誰かと通話しながらはしていません。

「していない」というか、正確に言うと「話しながらできない」んです。

いかんせんものすごく下手なので、集中しないと仲間の足を引っ張ることになりますし、集中するとどうしても無言になってしまいます。

で、一人でやっていると、頭の中で、これはおそらく他の人には通じないだろうという言葉を使っていることに気が付きました。

たぶん僕だけではなく、皆さんにもなにかしらそういった言葉があるはずで、文章にしてみるとおもしろいかもなと思ったので、記事に起こすことにしました。

というわけで、今回のテーマは「自分にしかわからないスプラトゥーン用語」です。

 

つらつらと綴っていきましょう。

  • 「バスパー」・・・Bバスパーク。
  • 「タチパー」・・・タチウオパーキング。
  • 「ガラキャン」・・・モンガラキャンプ場。
  • 「ガオカ」・・・ヒラメが丘団地。(単に「団地」とも)→関連用語「ハシゴをかける」
  • 「トロタン」・・・ネギトロ炭鉱。
  • 「カゼ引いた」・・・ポイズンボールを受けた状況。「ヤバい、カゼ引いたから今は下がってよう」など。
  • 「負け犬ボム」、「負け惜しみボム」・・・自分よりも射程が長いブキを使っている相手に対し、自分の射程外から撃たれ、正面から撃ち合っても勝ち目がないのでいったん引くときにボムを投げること。これを使うときはたいてい「ちきしょー!」と思っている。
  • 「ハシゴをかける」・・・特にヒラメが丘団地にて、屋上に登るために壁を塗ること。「自分が使ってるブキは射程が長いからチームのためにハシゴかけとこう」とか、「いやー、ワカバだとハシゴかけるの時間かかる」など。
  • 「真顔勢(マガオゼイ)」・・・ごくごく稀にいるガチ勢ともエンジョイ勢とも違う、なにかプレーから「ゲームなんだから肩の力抜いて楽しめばいいのに」とすら思わせるほどの凄みを従えたプレイヤー。
  • 「肉盛り」・・・サブギアパワーが攻撃力アップで3つ揃ったギア。「フェスT、肉盛りになったわ、返したくないわ」など。類語→守備力アップの「盾盛り」、人移動速度アップの「人盛り」、イカダッシュ速度アップの「イカ盛り」など。
  • 「あばよ、とっつぁん」・・・不利な状況からスーパージャンプでリスポーンに戻るときに残す捨て台詞。
  • ドッグファイト」・・・対人戦。
  • 「マニューバ」・・・対人戦での動き。元は航空用語。

ざっとこんなかんじでしょうか。

 

余談ですが、稀にある相手チームが全員トルネードかメガホン持ちのときの、「プライベートライアンの序盤のノルマンディ上陸シーン感」ったらないです。

「中隊長、これじゃ前進できません!」

「ステージはどこも敵の射程に入ってる、とにかく進め!」っていうかんじで。

 

イカがでしたでしょうか。

自分では意識せず使っている言葉が、フレンドさんにはわからないことがあれば、それはきっと「自分にしかわからないスプラトゥーン用語」なのでしょう。