読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常在芝上ージョウザイシジョウー

フットボールクレイジーによる、ゲームとか日常で感じたこと考えたことに関するあれこれ。ついったー→amtmgtt1208 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/kojirou-fc/

新年のご挨拶と自己紹介だけのつもりが案外と長引いて

皆さま、新年、明けましておめでとうございます。

旧年中はご愛読頂きまして誠にありがとうございます。

本年も引き続きご愛読のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

さて、昨年末に開設した弊ブログ、『スプラトゥーンクレイジー@フットボールクレイジーinはてな』ですが、非常にバタバタとしたなかで立ち上げたもので、大変失礼ながら自己紹介がまだでした。

自己紹介します。

僕の名前はコジロウ、川崎フロンターレの背番号12番で、修行中のストーリーテラーです。

・・・というと非常にカッコつけた言い回しになりますね。

噛み砕いて説明しましょう。

僕の本職はサッカー(個人的な信念で僕は「サッカー」とは言わず「フットボール」と呼んでいます)J1リーグに所属する川崎フロンターレというサッカーチームの、いわゆるサポーターをやっています。

サッカーチームのサポーターという人種は日常生活の中で常に「これサッカーで例えるとこういう状況だな」というようなことを考えています。

サポーター同士であれば、人生で起こり得るすべてのことをサッカー用語で例える会話が成り立ちます。

そういう人たち、僕も含め、をして僕は「フットボールクレイジー」と呼んでいます。

「サッカー狂い」です。

この「狂う」という意味は、本来、何も精神的に不調をきたすということではなく、「自分でも持て余してしまうほどの情熱をもつこと」だと、幕末の時代、明治へとこの国を変革させた維新の志士たちに絶大な影響を与えた、かの吉田松陰が門下生に教えて説いた言葉です。

なので決して馬鹿にしたり揶揄したり自虐した表現では全くありません。

そして、サッカーの本場、ヨーロッパや南米では当たり前のことなのですが、まだ日本では文化として根付いていない、故に気が付いていない人が圧倒的多数なだけで、サッカーチーム、本場風で言えばフットボールクラブというモノは人格の根本になるほど大きな存在なのです。

「サッカーのない人生にどれ程の意味がある?」とさえ僕は考えています。

「サッカーのない人生なんてイチゴも乗っていなければ砂糖も入っていない全く味のしないショートケーキみたいなもんだ」と。


・・・というように、サッカーのことになるとつい熱が入って語ってしまう人種だということが少しはお分かりいただけたのではないでしょうか。


続きまして、ブログタイトルにも言及をしておきましょう。

僕は上述した通り、フットボールクレイジーで、はてなの自己紹介ページにも記載していますが、川崎フロンターレとサッカー全般についてつらつらと綴るブログを書いています。

有名かと問われれば、全然まだまだ有名ではありませんが、自慢でもなんでもなく、それでも知っている人は知っている程度の知名度はあるのかなと思っていて、全く無名の書き手ではありません。

人格の根本がフットボールクレイジーである以上、書き手としての根本もフットボールクレイジーだと。

そうでなければ自分の中で一貫性と整合性が取れないと。

だったらブログのタイトルにも「フットボールクレイジー」という言葉を挿れるべきだという信念から、「スプラトゥーンクレイジー@フットボールクレイジーinはてな」というブログタイトルにしました。

「だったらもともと持っているブログでスプラトゥーンのことを書けばいいじゃん」とツッコミが入りそうなところですが、そういうわけにもいかないのです。

やんごとなき事情からスプラトゥーンのことを書きたいのであれば、別のブログを立ち上げたほうがいいという結論に至りまして、はてなでブログを新しく開設した、という次第です。


僕はスプラトゥーン大好きです。

スプラトゥーンのためだけに10年以上ぶりくらいに据え置きハードを買ったほどです。

10年以上据え置きハード買っていないって、本物のゲーマーさんたちからすればライトプレイヤーもいいところではありますが、でも昔から一応ゲームは好きでして、携帯機でモンハンだとかその他の作品を細々と続けていた昨年、です。

とあるSNSで、友人が「スプラトゥーンダイレクトおもしろかったー!試射会が楽しみ!」と呟きました。

自分でもなぜかはわかりません、わかりませんが、猛烈に「スプラトゥーンって何?」という興味が湧きました。

すぐにインターネットで調べて、動画も見て、おもしろそうなゲームだなと直感しました。

一瞬、「スプラトゥーンのためだけにWiiU買うのもなぁ」という考えも頭によぎりましたが、そこはやっぱり「クレイジー」の性分なのでしょう、動画を見ている内に「自分もやりたい!」と、抑えきれない衝動に駆られ、気が付けばWiiUとスプラトゥーンを買って、プレーしていました。

それからというもの、休みともなればずっと、全身から紫色の煙を上げたカチカチのラージャンを追いかけ回す、ダラダラと惰性で前作から併せれば1,000時間続けた発掘武器という名のガチャ回し作業を全くやめて、スプラトゥーンしかしなくなりました。

大変な没入感です。

オンライン対戦のTPSというジャンルが初めての経験ということも相まって、このスプラトゥーンというゲーム、本当に底が見えません。

サッカーとも近しい何か、あるいは、ジャンルは全く違いますが麻雀のような奥深さも感じます。

定石はあるものの、完璧、絶対解答というものがなくて、毎試合終わるたびに「ここはこうするべきだったな」とか、「こうすればもっとよくなるかな」とか、そういった繰り返しが楽しくてたまりません。

そういう思いを全て綴りたくて、今まで持っていたブログではなかなか表現し辛い、スプラトゥーンについてもっともっと綴りたくて、新しくブログを立ち上げるまでの原動力になりました。

ゲームなのにサッカー用語が多々出てくる、スプラトゥーンをフットボールクレイジー的視点から語る変なブログですが、温かく見守って頂ければ、書き手としてこれ以上嬉しいことはありません。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

末筆になりましたが、新年が皆さまにとって素晴らしい一年になりますように。


目指せ、S+99!!